FC2ブログ

教わること、学ぶこと。 

窓にはりつく娘・・・

080412-NIWA04.jpg


ヤモリか~っ( ̄∀ ̄;)




最近、たまに娘がこう言います。

「大人には子どもの気持ちなんかわからんっ!」




えっ? 今なんて言った?

おおーっ!素晴らしーいっ( ̄∀ ̄)/




・・・私、そんな発言が大好きでして^^

「そうかそうか~っ、もう一回言ってみて~っ^^」って撫でまわします(笑)

日々、いろんなことを見て聞いて、あれこれ考えてんだろうな~。。。

その調子で、もっともーっと学びなはれっ( ̄∀ ̄)/




思いおこせば私など、もっと反抗的でした(笑)

何か世間に恨みでも? って勢いです(爆)





自分の思うことを、相手に伝える。

これって、簡単なようで実はとても難しい。

何故なら、相手にも経験値と思考というものがあるわけで。





お恥ずかしい話ですが

私、世間では「いっぱしの大人」として扱われる年代になってからも

どうも釈然としないことがあると悶々とし、

なんとかして自分の考えを伝えようと、ファイティングしておりました。

それは矛盾している!とか、それは間違っている!とか。

噛みついてみたり、言葉を選んで言ってみたり、

いろんな手段を選んではみるんですが、

どうも伝わらない。

そう感じると、どうにもこうにも気持ちがおさまらず、

「なんでだ?」って、また悶々と考える。。。




が。

ながーい時間を経て、

ある日、それではいけないということに気がついたわけです。

これまでの自分がいかに

「ひとりよがり」で「傲慢」で正義ぶっていたかと。。。

そして、自分は正しい!なんていう判断基準が

そもそも、大きな考え違いだと・・・( ̄∀ ̄;)






相手には相手の歩んできた人生の歴史や、

それらで培ってきた考え方、状況、立場、責任、

そして、人には見せていない内面の葛藤があるということ。

自分では、そんな相手のことを分かっているつもり。

そう。あくまで「つもり」で、本当は全然気づこうとしていない。

どうしても、

自分の考え方は間違っていない!という思いだけが先行してしまって

「物事の背景」というものを理解しようとしない了見の狭さ。。。

いかに、甘ちゃんだったか・・・

振り返ると、顔から火が出る思いです( ̄∀ ̄;)





なんだかんだ言っても、未だ修行中な私でございます( ̄∀ ̄;)

娘だからといって、言葉なんかでは教えてやれないことだよなぁ・・・

こればっかりは。

私に出来ることといえば、

娘が投げ出したものを拾って、

投げ返してやるぐらいのことでしょうか(笑)




意思の疎通。

人と関わって生きていく中で、とても大切なことですし

自分自身でいろんなことを経験しながら、学んでいって欲しいものです^^

自分で気づいていけるのが、本当の学びだろうな^^





そのうち、こんな話もできるようになったアカツキには

このアホ母の話を読んで

おもいっきりため息などついて欲しいものです。。。

「お母さん。もっと大人にならんとイカンろ( ̄∀ ̄;)」って(笑)

楽しみやな~^^






では、かんぱいっ!

人気ブログランキング ポチっとおしてね。




コメント

いい言霊だ、名言だmay姐

子供って本当にストレートでたまにドキッて事言う時あるよね。

たまには大人の“自己責任で生きてる”って事にあぐらかいてないで“心に溜まった汚れ”の掃除が必要だと思う。

子供達と接する度に父としてあるべき姿なのかを常に自問自答してる気がします。

しかし相手が大人になると、ましてや仕事になると常にファイティングポースは忘れないようにしてるよ、オレは。

勿論、相手を尊重する事はとても大事だと思う。1%でも自分に非が有ったり相手の言い分が正しい部分が有ると流すようにしてるけど、相手が100%間違えてるのに噛み付いてきたりした時は絶対論破させない。

その為に日々の例え細かな行動でも心の一番中心に宿る“純粋で正しい”部分とセッションしながらその行動の正しい方向性を考えながら行動し、相手にも接する事を心がけてる。だから心の芯の部分では誰にも曲げられたくない哲学を持っているつもり。その根底は利己の対極に有る利他の精神をもってすれば怖くない事だと信じている。

それでも間違いだらけの人生。やだねー。
「娘が投げ出したものを拾って、投げ返してやるぐらいのことでしょうか」→オレの中では名言かも

追伸:顔パーツ公開の件今も悩んでてね。こちらのブログなら全公開もできそうだけど写真のUPってできるの?

ZIGどの

「心の芯の部分では
誰にも曲げられたくない哲学を持っているつもり。
その根底は利己の対極に有る利他の精神をもってすれば
怖くない事だと信じている。」
ZIGどのっ!同感!
少なくとも今まで生きてきた年月の中で
ゆるがない芯の部分っていうのは、確実に形成されているわけで。
それだけは曲げられないですね。

私の場合は、相手にまず論破してもらいます(笑)
好きなだけ思いを吐いてもらうかわりに、
自分で言ったことには100%責任を持っていただく( ̄∀ ̄)/
それぐらいの覚悟があって、言ってるんでしょうから。
そうしているうちに、
相手も自分の言ったことの理不尽さに気がつくんじゃないかと・・・
それでも気がつかないようなら、次は容赦なくいきますわ(爆)

基本的には、相手を木っ端微塵にしたところで仕方ないもんね。
大切な部分が伝わらないと、労力を使う意味がない。
相手にいやな感情が残るだけ・・・っていうのがオチだったりしますしねぇ^^;
難しい・・・でもそれが人間なんかな~( ̄∀ ̄)/

ZIGどの

追伸:写真は・・・載せられるのだろーか?
わかりましぇん( ̄∀ ̄;)
どこかのサーバに格納してもらって、そこへリンクするのは大丈夫なんですけど。。。
見たいなぁ^^

なるほど

確かに伝わらないと論破しても疲れるだけですねぇ。自分も10年程前の上司に言われた一言「言っても伝わらなければ何もしていないのと同じ」と。すんごく厳しい人で付いて行けない人はどんどん辞めてしまうような人でしたが、あるレベルに来れば友達のように接してくれる人でした。今もたまに「遊ぼー」って電話来る、その人から。

体育会系だとか男女って事で人を括るのは乱暴だと思うけど、may姐のコメント見て自分の体育会系の性格を少し見直してみたくなりました。まず相手に論破させるなんて自分にはまだ修行が足りてないと思ったもん。

そういう点では女性ってやはり平和的で心が広いと感じてしまいましたねー。

ZIGどの

いい上司^^
その方の厳しさは、きっと愛ですね!

体育会系。いーじゃないですかっ!
熱血!礼儀!義理!人情!
これ基本( ̄∀ ̄)
私、体育会系推進委員会なんてあったら
そっこー会員登録するっ(笑)

ZIGどの、私の心は広いんじゃなくて
我慢しているだけですわ・・・( ̄∀ ̄;)

いやいや

我慢できる事も心の広さの物差しだと思う。

オレなんか言わなくてもすぐ顔にでちゃうし。

確かにその元上司の人は愛を感じてましたねー。それに鈍感だったら耐え切れたか・・・。

ところでガッツ石松さんが昔「芸能人我慢大会」を「われまん大会」と言ってしまったらしい。オチが下ネタですまんでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maybespecial.blog123.fc2.com/tb.php/110-c9216924